ペアリングワイン

おすすめ!和食に合う日本ワイン

和食とワイン、最近はそんなコンセプトのお店も増えてきました。日本食には、日本酒や焼酎の方が合うと思われる方もいらっしゃると思いますが、お寿司やさんでワインを飲む方もたくさんいます。

私自身、お寿司とワインをコンセプトにしているお店でソムリエをしていたことがあり、当時からそのお店が予約が困難なほど人気のお店で、毎日忙しく働いていました。

基本的なワインペアリングですと、食材もワインも同じ地域のものを合わせるのが相性がいいと言われていますので、今回は、和食と日本ワインのペアリングについていくつかお話させていただきます。

お寿司とワイン

お寿司にアルコールが強いワインは、アルコール感が強く繊細な和食や、お魚の味を邪魔してしまうので、基本的には合わせ辛いです。

ワインペアリングは産地の他にも、食材の色で合わせるのも相性がいいとされていますので、日本のワインで白身のお魚には白ワイン、赤身のお魚には軽めの赤ワインを合わせていました。

醤油漬けしているもの、炙り、タレがついているものは少し濃いめの赤ワインでもお魚の味を邪魔しません。中でも驚いたのが、サーモンとロゼワインのペアリングです。

ロゼワインもいろいろな種類がありますが、ワインの苦味は脂と相性が良く、冷えてていて苦味も感じられるため、脂の乗ったサーモンと相性が抜群です。

生魚とワインを合わせる時は、口の中でワインが生臭くなってしまうこともあるので、ロゼワインはとても重宝します。

個人的には、山梨で造られている、グレイスロゼがおすすめです。3種の赤葡萄をブレンドしていて、料理の邪魔をしない、まさに和食と飲むために造られたような、とてもバランスのいいワインです。

やきとりとワイン

お肉には赤ワイン!が定番の合わせ方ですが、それは赤身のお肉の場合。やきとりは、いろいろなワインと合わせられます。例えば、塩味のねぎまや、ささみなどさっぱりとした油が少ない部位は、白ワインとも相性がいいです。

ねぎを使用しているやきとりには、ハーブや草の香りがすると言われている、ソーヴィニヨンブランがピッタリ。

炭火焼きの場合は、炭とワインに使用されている樽は相性がいいので、樽の効いたシャルドネは、より一層炭火焼きの良さを引き立たせてくれます。

こちらの長野県で造られているマンズワインさんのソラリスは、リッチな樽感が味わえてとてもおすすめです。

私は、ワインの輸入会社の営業をしている時になぜか得意先にやきとりやさんが多くて、やきとりのコースにワインのペアリングを提案していました。

そこで見つけた面白い組み合わせが、やきとりのタレとオレンジワインの組み合わせです。近年では、オレンジワインを置いている飲食店は年々増えていて、注文されるお客様も非常に多いです。

私の営業していた先でも入荷したら即完売してしまうほど、とても人気がありました。先ほども書いた、色のペアリングで合わせてもピッタリですよね。

オレンジワインとは、簡単に説明すると、白ワインの葡萄で、赤ワインの作り方をしたワインです。ロゼワインとは異なるもので、ロゼワインより苦味やこくが出ているものが多いです。

おすすめは、山形県のカーブドッチワイナリーの微発泡のオレンジワイン。食用の葡萄の可能性を追求することをコンセプトに造られたワインで、こちらも食事に寄り添ったワインなので、食事もワインも進みます。

お鍋とワイン

少しずつ涼しくなってきたので、これから鍋料理を食べる機会も増えるのではないでしょうか。鍋料理に合うワインをいくつか紹介していきたいと思います。

これまでに紹介してきたワインペアリングの基本的な定義は、産地と食べ物の色でしたが、もうひとつ普段ペアリングする際にわかりやすいのは、価格帯です。

例えば、良い牛肉を使用しているすき焼きは、価格帯も良い赤ワインを、春菊やねぎ、野菜も入ってきますので、カベルネソーヴィニヨンと相性がいいです。

カベルネソーヴィニヨンは、赤ワインの代表的な品種です。置いてある料理屋さんも多いのではないでしょうか。少し青っぽい香りがするのも特徴なのでお肉とも、お野菜とも相性がいいです。

海鮮や鶏肉のお鍋を食べる際は、スパークリングワインや白ワインが合います。以前、割烹料理屋さんで河豚のコース料理をいただいている時に、ソムリエさんがシャンパーニュで合わせてくれました。淡白な河豚と、辛口シャンパーニュのペアンリングはとても相性が良く、高級感も増します。

今回は、日本で造られているシャンパーニュに負けないスパークリングワインをご紹介します。

大分県で造られる、白葡萄(シャルドネ)だけを使用し、シャンパーニュと同じ造り方で造られている、安心院ワインの安心院スパークリングワインは、泡立ちもよく白葡萄だけで造られているので、とてもすっきりしていて料理とも相性抜群でおすすめです。

世界中にたくさんのワインと食の組み合わせがありますが、今回は、わかりやすく、試しやすい和食とワインのペアリングのお話をさせていただきました。

日本ワインは、年々品質が良くなっていると言われていますし、身近なものなので目にする機会も多いと思います。是非試してみてくださいね。

《関連記事》
【ネタ別】寿司 × ワインペアリング
焼鳥の部位別ワインペアリング
鍋料理とよく合うスパークリングワインの楽しみ方
お米料理とワインのペアリング
ご当地食材とワインのペアリング〜北海道編〜
粋に合わせたい!蕎麦とワインのペアリング
おせち × 日本のスパークリングワイン
お家ごはんに合う!マスカット・ベーリーAのワイン
タケノコ料理と甲州ワインのペアリング
お家でワイナリーをめぐる!おすすめの日本ワインたち

Ayano Owaku

JSA認定ソムリエ
地元の静岡県で母親と小料理屋を開業。母親がワイン好きなことからワインに興味を持ち、ソムリエ資格を取得。
小料理屋では、ワインの仕入れやペアリングを担当。更にワインの知識を身に着けるために上京し、都内の飲食店やワインショップでソムリエとして勤務したり、ワインの輸入会社の営業マンとして飲食店やワインショップに提案営業をしていました。 Ayano Owakuの記事一覧 

新着口コミ

もっと見る

ワインペアリングを楽しめるお店、レストランを探す

都道府県から探す