ペアリングワイン

冬も飲みたいおすすめソーヴィニヨン・ブラン

☆現在ニュージーランドワインイベント開催中です。

ソーヴィニョン・ブランと言えば、レモンやライムの柑橘系フルーツやパッションフルーツなどのフルーツ、そして青草をイメージさせるハーブの香りが特徴的。味わいはミネラリーで、フレッシュな酸を主体に爽やか。

フレッシュ&フルーティーな印象が強いソーヴィニョン・ブランは、暑い夏の時期や湿気の多い季節などにおすすめされることの多いブドウ品種のひとつです。

しかし、世界でもトップクラスのソーヴィニョン・ブランの生産地であるニュージーランドには、フレッシュ&フルーティーな香りや味わいのもの以外にも、じっくり味わいたいタイプのソーヴィニヨン・ブランがあります。

ワインも、料理と同じく材料(ブドウの種類)が同じでもレシピによって出来上がりの香り・味わいが変わります。しかし、ワインと言えば「マセラシオン」「シュールリー」「スキン・コンタクト」など聞き慣れない言葉のオンパレード。なんのことやら・・という方も多いかと思います。

そこで、今回注目していただきたいポイントは、ワイン造りの中でも「発酵・熟成方法」の違いです。フレッシュ・フルーティーな味わいのワインは、一般的にステンレスタンクで発酵されることが多いのが特徴。

それに対し、白ワインでも少しふくよかな味わいを感じるタイプは木樽で発酵していることが多いのです。使う樽の種類や、発酵の期間などにより、香りや味わいは変わりますが、樽から感じられるほんのりクリーミーさが秋冬の肌寒い季節にもピッタリな味わいです。

今回は、ワイン造りの方法にも注目して各ワインをご紹介します。日々寒さが増すこの時期にも楽しんでいただけるソーヴィニョン・ブランとおすすめペアリング、気になった方は是非試してみてくださいね。

冬にも美味しい ソーヴィニヨン・ブラン

GREYWACKE SAUVIGNON BLANC

GREYWACKE(グレイワッキ)は、ニュージーランドを世に知らしめたワイナリー「クラウディ・ベイ」の醸造メンバーであったKevin Juddが立ち上げたワイナリー。現在では、国内外からクラウディ・ベイ以上の評価を受けるワイナリーです。

こちらのソーヴィニヨン・ブランは、収穫後、ブドウの果汁が絞られたあと、ステンレスタンクで発酵するジュースと樽発酵するジュースに分けられます。

3~4か月それぞれ発酵したあとに、ブレンドされます。それぞれが合わさることで、単調な味わいではなくフルーティーさの中に奥深さを感じる味わいとなります。

香りには、黄桃や熟した洋梨、マンゴーやメロンのような甘美な果実のニュアンスが感じられます。ほのかにソーヴィニヨン・ブランらしいハーブ香も加わります。

口に含むと、第一印象はミネラルを伴う厚みのある味わい。ひとくち、ふたくち飲むたびに満足感が増していきます。

・原産国:ニュージーランド
・産地:南島 / マールボロ
・品種:ソーヴィニヨン・ブラン
・容量:750ml

【おすすめペアリング】

ワインそのものに複雑味があるので、合わせるお料理は手の込んだ調理法のお料理よりも、素材の味を楽しめるお料理がおススメです。柿やイチジクのフルーツを使ったカプレーゼ、変わり種では、出汁のうまみとポン酢でいただく豚しゃぶなどもおすすめです!

Two Rivers Marlborough Convergence Sauvignon Blanc

「Convergence=収束」を意味するように、マールボロ地方のアワテレ、サザンヴァレー、ラパウラ、各地域の異なる畑から収穫したソーヴィニヨン・ブランをブレンドし造られる1本。それぞれのテロワールからくる特徴を加味し、ブレンドの配分が決められます。

こちらのソーヴィニヨン・ブランは、主にステンレスタンクで発酵させますが、少量は卵型のコンクリートタンクとアンフォラという古代から伝わる壺型のタンクで発酵させます。

その後、3ヶ月間、澱(ブドウに含まれるたんぱく質やポリフェノール成分等)と一緒に熟成させます。そうすることによって、フレッシュフルーティーさだけではなく、ワインの味わいに深みが生まれます。

香りは、白桃やパッションフルーツのような明るい果実に、ライムやレモンのような柑橘系果実のニュアンスも加わります。口に含むとライムジュースのような酸と、少し塩味を感じるような凝縮されたうまみを同時に感じます。

全体的にドライで爽やかな印象ですが、余韻が長くつづき上品な印象です。

・原産国:ニュージーランド
・産地:南島 / マールボロ
・品種:ソーヴィニヨン・ブラン
・容量:750ml

【おすすめペアリング】

爽やかさも感じられるこちらのソーヴィニョン・ブランには、鶏肉のグリルをトッピングしたサラダや、クリームコロッケなどの揚げ物とのペアリングがおススメです。

Mahi Marlborough Sauvignon Blanc

ニュージーランドといえば、「ハーブ香豊かな爽やかソーヴィニョン・ブラン」というイメージを持っている方におススメしたいのが、Mahiのソーヴィニョン・ブランです。

こちらのソーヴィニョン・ブランは5つの異なる地域の畑から収穫したブドウから造られます。今回ご紹介したワインの中では、一番木樽発酵の比率が高いのも特徴です。

発酵には自然酵母を使用。また年によって澱と一緒に熟成させる期間を調整し、その年のブドウにあった最善の発酵・熟成方法を見出します。

香りは、パッションフルーツや白桃の果実、レモンのような柑橘系果実、ほのかにスパイスのニュアンスも感じます。ミディアムボディの凝縮感のある味わいの中には、ピンクグレープフルーツのような苦味をともなった酸が感じられます。

酸とミネラルのバランスが良く、ワイン単体、お料理と合わせても楽しめる活躍の幅が広い1本です。

・原産国:ニュージーランド
・産地:南島 / マールボロ
・品種:ソーヴィニヨン・ブラン
・容量:750ml

【おすすめペアリング】

チキンパイや、キッシュ、ポテトサラダなど、マヨネーズやクリームを使ったお料理と相性抜群です!これからのパーティーメニューにも合わせやすいワインです。

まとめ

今回ご紹介した3つのワインはいずれも、ニュージーランド・マールボロ地方のものです。産地もブドウ品種も同じ3本ですが、ワイン造りの方法が異なるため、香りも味わいも三者三様です。

いつも、フレッシュフルーティーなソーヴィニョン・ブランを飲んでいる方は、是非違った顔を持つソーヴィニョン・ブランも試してみてくださいね!

高橋 宗子

【お家で楽しむワイン提案のワインエキスパート】
ニュージーランドワイン好きが高じて、ワイナリー・ブドウ畑巡りをする為ニュージーランドへ移住。
都内ワインインポーターにて星付きレストランにもワイン紹介をしてきた経験を活かし「お家でも気軽に楽しめるワイン時間」を提案しています。 高橋 宗子の記事一覧 

新着口コミ

もっと見る

ワインペアリングを楽しめるお店、レストランを探す

都道府県から探す