ペアリングワイン

チーズフォンデュとワインのペアリング

日本では、ぼちぼち「鍋」の季節になって参りました。それは同じく「チーズフォンデュ」の季節もやってきたというわけです。新鮮で美味しい野菜や、魚介や肉類、お好みのおつまみ等をチーズにディップして、美味しいワインと楽しむ時間は最高に幸せです。

休日の場合は、家族みんなで楽しむ料理としても丁度よく、料理担当としては鍋同様、手軽に準備ができるので秋冬の食卓の救世主といえます。お好みで具材を色々変えたりして、子供も大人も楽しいのがチーズフォンデュですよね。

大人はそこにワインをペアリングして楽しむわけですが、今回は私が好きな「チーズフォンデュとワインのペアリング」を紹介させいただきます。

チーズフォンデュのベストパートナー「ゲヴェルツトラミネール」

▶︎ジョスメイヤー ゲヴュルツトラミネール キュヴェ・デ・フォラストリー

ゲヴェルツトラミネールというブドウ品種は、華やかな香りが特徴です。特にライチを思わせる甘い香りはインパクトがあり、ゲヴェ好きになる方が多い理由でもあります。

こちらのジョスメイヤーは、美味しいゲヴェルツトラミネールのワインを作ることでも定評のある、アルザスを代表するワインメーカーです。

私も大好きで、こちらは何度もリピートしています。チーズフォンデュとワインをペアリングするときに、チーズの種類を主体に考えることが多いですが、何をチーズにフォンデュするかを考えるのも楽しいものです。

このジョスメイヤーのゲヴェルツトラミネール のおすすめポイントは、華やかなで甘い香りと、どこか香ばしくほっこりするような優しい香りがする点です。この香りと一緒に「ウズラの卵」や「さつまいも」「スモークチーズ」をフォンデュして食べるのが、私的にはすごくおすすめです!

* 原産国:フランス
* 産地:アルザス
* 生産者:ジョスメイヤー
* 品種:ゲヴェルツトラミネール
* 容量:750ml

花の甘い香りがするオーストリアの「グリューナー・ヴェルトリーナー」

▶︎イム ヴァインゲビルゲ グリューナー・ヴェルトリーナー スマラクト ニコライホーフ

オーストリアやドイツ、ハンガリーでは「グリューナー・ヴェルトリーナー」が使われたワインが多くみられます。

ニコライホーフのこのグリューナー・ヴェルトリーナーは、冷涼な地域の特徴でもある「酸」がほんのりアクセントになっているところがポイントです。クリーミーなチーズフォンデュと相性よくペアリングします。

ニコライホーフ ワイナリーの畑は『オーストリア最古』と言われているそうですよ。歴史に思いを馳せながらチーズフォンデュを楽しむのも良いかもしれませんね。

* 原産国:オーストリア
* 産地:ニーダーエスタライヒ / ヴァッハウ
* 生産者:ニコライホーフ
* 品種:グリューナー・ヴェルトリーナー
* 容量:750ml

「ハイジ」な気分になれるのは伝統的品種で作るスイスワイン!

▶︎ヴァン・スイス シャスラ

スイスワインは珍しくあまり見かけることはありませんが、見かけたら是非飲んでみて頂きたい国のワインです。

スイスワインでは、シャスラという品種が使われることが多く、今回ご紹介したこちらもシャスラ主体のワインです。チーズの塩味とシャスラのぽってりした甘みはとても相性が良いんです。

個人的におすすめの飲み方のポイントは、しっかり冷やすこと!アツアツのチーズフォンデュと、冷え冷えのワイン。温度差でも楽しめるグッドペアリングと思っています。

ちなみにフォンデュではなく、ハイジのおじいさんがよく作っていた、とろとろにしたラクレットチーズをジャガイモやブロッコリーにかけて食べると、一層「ハイジ」気分になれるのではないでしょうか。ぜひお試しください。

* 原産国:スイス
* 産地:ヴォー州
* 生産者:ウヴァヴァン-カーヴ・ド・ラ・コート
* 品種:シャスラ
* 容量:750ml

意外とハマるシャスラという品種 ジュラ / サヴォワのワイン

▶︎カンテサンス シャスラ レ ヴィーニュ ドゥ パラディ

スイスのすぐ近くに位置するのが、フランスのジュラ サヴォワエリア。この地域でもチーズフォンデュは日常的によく食べているそうですよ。

この地域を代表するブドウ品種は他にも色々ありますが、「シャスラ」もその一つです。おすすめしたいポイントは、少しナッツや蜜のような香ばしく、甘いニュアンスがあるところです。

この香ばしさがチーズフォンディとの相性が非常に良く、チーズフォンデュのミルキーさと相まって口いっぱいに広がる満足感を得られるんです。

私はお気に入りの岩塩を1,2粒添えてチーズフォンデュをほおばります。やはり甘い余韻には、ソルティーなチーズフォンデュがグッドペアリングではないでしょうか。

* 原産国:フランス
* 産地:ジュラ サヴォワ
* 生産者:レ ヴィーニュ ドゥ パラディ
* 品種:シャスラ
* 容量:750ml

いかがでしたでしょうか。本日ご紹介したワイン以外にも相性の良いワインは沢山あります。

個人的な好みではありますが、チーズの「塩味」や「乳脂肪のボリューム感」とバランスがとりやすいワインとして、

*辛口ではあるものの、余韻には甘みが感じられるもの
*どこかスモーキーな香ばしさがあったりするもの

と合わせるのがおすすめです。酸味は強くなく控えめなものを選んでいます。今回は白ワインばかりをご紹介しましたが、何をフォンデュするのかに応じて色々バリエーションを楽しむのも良いかもしれません。素敵なおうち時間を☆

Yasuyo Ito

Webライター/日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート/WEST level2 English
アパレルメーカー、広告代理店と異業種へ転職する中、プライベートではワイン愛好家歴20年。
資格取得をきっかけにワイン愛好家のコニュニティーを広げ、「ワインのある暮らし」をテーマにSNS、webメディアなどで執筆中。日本にもっとワイン好きを増やすべく、極力専門用語は使わないのがマイルール。
Yasuyo Ito の記事一覧 

新着口コミ

もっと見る

ワインペアリングを楽しめるお店、レストランを探す

都道府県から探す