魚 スパークリングワイン スペイン
2018年09月11日 12:01

スペインのCAVAがサバの南蛮漬けをグレードアップ!

サバの南蛮漬
×
カヴァ アデルナ ブリュット・デ・ブリュット レセルバ

スペインのカタルーニャ地方のカヴァ アデルナ ブリュット・デ・ブリュット レセルバは、CAVA好きの夫が買ってきてくれたもので、雑誌『ワイン王国2017年11月号』では「1000円台で見つけたスペインワイン」で5ツ星を獲得したスパークリングワインです。
ボトルデザインは、ゴージャスなシルバーのフィルムに、スペインのカタルーニャ地方出身の建築家アントニオ・ガウディの弟子セサール・マルティネルが建てた醸造所「ワインの大聖堂」が愛らしく描かれています。ちょっとしたパーティーにいいかもしれません。
南蛮漬けというと、魚はアジが一般的ですが、今回はスーパーの魚屋さん一押しのサバにしました。付け合わせは野菜室に入っていた旬の野菜のズッキーニとカボチャをチョイスしました。
CAVAのコリアンダーの独特の風味が、口の中の南蛮漬けをエキゾチックにグレードアップしました。あれれ。時間の針が進む中で、パイナップルとマンゴーの香り、酸味、甘味が生まれています。
花とパイナップルとマンゴーの甘味は、コクをプラスし、コリアンダーのスーッとする清涼感も味わえ、幸せのひとときでした。
CAVAとサバの南蛮漬けのペアリングはいかがですか?

材料 (2人分)
サバ 1尾
ズッキーニ 1/2本
カボチャ 1/12個
片栗粉 適量
サラダ油 適量
〜漬けだれ〜
かつおだし 90cc
有機玄米酢 90cc
三温糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ4
ショウガ 1片
作り方
1 サバは三枚におろす。背骨を取って、ひと口大に切る。
2 ズッキーニは半分のものを4mmの輪切りにする。カボチャは種を取って1/12のものを4mmの薄切りにする。
3 漬けだれをバットにすべて合わせる。ショウガは千切り、トウガラシはヘタと種を取り除いて、細かく砕く。三温糖がうまく溶けない場合は、少し加熱する。
4 サラダ油を180℃に熱し、ズッキーニを3分ほど揚げる。熱いうちに③の漬けだれに浸す。カボチャも同じようにする。
5 サバは水気を切って、片栗粉を薄くまぶす。5分ほど揚げる。熱いうちに③の漬けだれに浸す。
6 器に盛りつける。
16

その他の口コミ >>