麺類 赤ワイン イタリア
2017年11月14日 21:01

スパゲッティ・アッラ・プッタネスカとイタリアワインの可能性

スパゲッティ・アッラ・プッタネスカ
×
トレ イコーネ ノンヴィンテージ

樽香を感じる熟成感のあるワインです。果実味は控えめで、ブラックベリー、クローブなんかの香りもかすかに感じる事が出来ます。アブルッツォ、プーリア、シチリアのそれぞれのブドウを混ぜている事が特長のワインですが、タンニンがしっかりしていて、酸味は滑らかで非常にバランスが良いです。ヴィンテージの表記がない事が特徴ですが、特に当たり外れもなく、安定している印象です。
このワインとはプッタネスカというイタリアの郷土料理を合わせました。プッタネスカはアンチョビ、オリーブ、ケッパー、ニンニク、唐辛子を使ったシンプルなパスタですがその中でも、オリーブのかすかな苦味、ケッパーの酸味、アンチョビの塩気、辛味が複雑に舌を刺激します。同時にトレ・イコーネを合わせると、3種のブドウがバランスよく織りなすワインがさらに味わいを複雑にします。
パスタとしては刺激的な味わいですが、このワインの果実味がまろやかなため料理を邪魔しません。むしろブレンドされたブドウの複雑さと合っている感じがします。このワインは程よい果実味と樽香を感じる事ができるので、トマトソース系のパスタが好きな人にもお勧めできます。
このパスタはニンニク、唐辛子、アンチョビ、オリーブ、ケッパーを軽く炒めて、トマトソースを多少煮詰めます。そこにパスタをからめるだけの簡単なパスタです。私の作り方としては唐辛子とアンチョビを控えめにして、トマトの酸味もある程度煮詰めて飛ばすのがポイントです。それぞれの味をバランスよく仕上げることによって、バランスの良いワインとも合ってきます。ナポリの郷土料理だそうですが、今回は異なる土地のワインを合わせました。

1

その他の口コミ >>