ペアリングワイン

簡単!手作りドライフルーツとワインペアリング

ドライフルーツは果物の風味を手軽に味わえ、見た目も可愛い定番のおつまみですよね!

でも、実は市販品には大量の砂糖と食品添加物が使用されている事が多く、健康的な側面で考えると少し気になってしまうものです。

という訳で今回は、砂糖と添加物不使用で出来る!簡単な自家製ドライフルーツとワインのペアリングをご紹介します。

作り方のポイントは、やはり果物を乾燥させる点です。今回は2つの方法をおすすめします。

①自然乾燥

気軽に実践できる、一番シンプルな方法ですね。

⚫︎出来栄え:果物の内部に少しの水分を残したしっとり食感が楽しめます。

⚫︎時期:空気の乾燥した冬の時期がおすすめ。

⚫︎乾燥に必要な時間:果物の水分量や厚み、干す環境等によりますが3日~8日程度で食べ頃に。半日に一度ひっくり返してください。

⚫︎場所:直射日光が当たり、風通しの良いベランダ等。

⚫︎注意点:風が強い日は飛ばされてしまうので避ける事。ホコリ等や虫などの付着が心配な際には、食品の自然乾燥専用のネットを使用すること。

②食品乾燥機

天候に左右されず、一番失敗の少ない方法です。一度に大量に作れるのも利点ですね。

⚫︎出来栄え:果物の中からもしっかりと水分を抜くことが可能なので、保存力の高いカリカリした状態となります。

⚫︎乾燥に必要な時間:果物の水分量、厚みによりますが10時間~20時間程度日程度。

⚫︎機械購入の初期費用:ネット通販サイトを調べた所、家庭用の手軽なタイプなら3千円代から。本格的なタイプは4万円台など幅広いラインナップがあるようです。

次に、自家製ドライフルーツに特におススメの果物3つと、相性抜群のワインをご紹介します!

干し柿

日本のドライフルーツといえばコレですよね!あの独特の食感と優しい甘さは、時々無性に食べたくなります。

丸ごとの干し柿を作るには手間も時間もかかりますが、スライスすれば簡単にあの味を楽しめます!

切り方:皮を剥いて、3mm程度の厚みにスライス。
乾燥時間:自然乾燥なら3日、食品乾燥機なら20時間程度。

【自家製干し柿におすすめのワイン】

▶︎中央葡萄酒 グレイス 茅ヶ岳甲州

* 原産国:日本
* 生産地:山梨県甲州市勝沼町
* 生産者:グレイスワイン (中央葡萄酒)
* 品種:甲州100%
* タイプ:白、辛口
* 容量:750ml

グレイスワインは、1923年に山梨県勝沼町で創業したワイナリーです。数々のワイン品評会で賞を受賞しており、日本ワインを代表する白ブドウ品種『甲州』の国際的な評価を高めた立役者とも呼べる存在でもあります。

グレイスワインでは除草剤や化学肥料を使わず、丁寧に人の手を介したブドウ作りが行われており、それにより従来に比べて小粒で高糖度な甲州ができるのだそうです。

醸造では、かつての甲州種では当たり前に行われていた補糖を一切行わずナチュラルなワイン造りを身上としています。

グレイスワインの中にはショップやテイスティング施設も用意されています!

今回ご紹介するワインには、冷涼な気候と豊富な日照量に恵まれた自社管理農園を含む標高400mから700mの茅ヶ岳山麓で育ったブドウが使用されています。

フレッシュな青リンゴ、グレープフルーツ、洋梨のような香り。 生き生きとした酸味と白コショウのようなニュアンスがワインを引き締めており、爽やかでありながらも凛とした強さを感じさせる辛口ワインです。

◎ペアリングのポイント
素朴な干し柿の風味は、それだけでも十分に味わい深いものですが、今回ご紹介した爽やかな酸を持つワインと合わせることで絶妙なペアリングを発揮します。

干し柿特有のフレーバーと甲州種のフレッシュな果実味の絶妙な一体感、口の中に広がる自然な甘さを楽しんでいただきたいです。

パイナップル

強い酸味とほのかな甘みが魅力!繊維質の独特の食感は他のドライフルーツには無い特徴ですよね。

切り方:皮を剥いて、3~5mm程度の厚みにスライス。
乾燥時間:自然乾燥なら5日、食品乾燥機なら22時間程度。

【パイナップルのドライフルーツにおすすめのワイン】

▶︎バルフォア 1503 クラシック・キュヴェ

* 原産国:イギリス
* 生産地:ケント州
* 生産者:ハッシュ・ヒース・エステート
* 品種:シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ
* タイプ:スパークリング、辛口
* 容量:750ml

ハッシュ・ヒース・エステートは、英国産ワイナリーとして初めてブリティッシュエアウェイズのファーストクラスでサーブされるなど、知名度、実績共に英国を代表するワイナリーとして知られています。

ケント州の中心部、古いオークの森に囲まれたブドウ畑では化学肥料や除草剤を使用しない無垢な土壌で育てられたブドウを100%手摘みで収穫し、注意深い選定作業が行われています。

ワイナリーのシンボルでもあるチューダー様式のマナーハウスの建造年である1503年は印象的なラベルのデザインにもなっています。

ワイン畑巡りやテイスティングの出来るツアーも大人気!

今回ご紹介するスパークリングは、ハッシュ・ヒース・エステートのフラッグシップ的な一本。美しく淡い黄金色の中に、細かく繊細な泡が連なります。

洋ナシ、レッドチェリー、エルダーフラワーの華やかな香り。果実のピュアな味わいが前面に出ていながらも、9か月の瓶内熟成による深みと複雑な香りを感じる事が出来ます。

◎ペアリングのポイント
華やかなアロマを持つスパークリングとフルーティーな酸味を持つ食べ物の共演は最高のペアリングの一つと言えます。また、ドライパイナップルのテクスチャー(食感)と共に、繊細で細やかな泡が口の中で踊る感覚も最高ですので、ぜひとも体感していただきたいです!

イチゴ

冬フルーツの代名詞!粒々の食感と甘酸っぱい風味がやみつきになります。カットの仕方次第でインスタ映えのドライフルーツも出来ちゃいますね。

切り方:3~4mm程度の厚みにスライス。
乾燥時間:自然乾燥なら3日、食品乾燥機なら18時間程度。

【イチゴのドライフルーツにおすすめのワイン】

▶︎ボデガ ノートン ロ タンゴ マルベック

* 原産国:アルゼンチン
* 生産地:メンドーサ
* 生産者:ボデガ・ノートン
* 品種:マルベック100%
* タイプ:赤、フルボディ
* 容量:750ml

創業120年を誇るボデガ・ノートンは、アルゼンチン国内でも屈指の実力派として知られています。

アンデス山脈の麓「太陽とワインの州」ことメンドーサ地区でワイン造りを行っており、「できるだけ多くの人にワインを楽しんで欲しい」という思いからハイクオリティながらも、手に取りやすい価格帯でリリース。

今や世界60ヵ国以上に輸出され、アルゼンチンのワイン造りをリードする存在として世界的に評価されています。

ワイナリーのオーナーはクリスタル・ガラスで有名なスワロフスキー社!

タンゴを踊る美しいラベルが印象的なこちらのワインは、アルゼンチンの代表する品種であるマルベック100%の赤ワインです。

色調は深いルビーレッド。ブラックベリーやブラックチェリーの香りにバニラやスパイスのニュアンス。独特のタンニンとミントを想わせるフィニッシュはマルベックの特徴がよく出ています。

ボディがしっかりしているので料理とのペアリングのしやすさも魅力、特にアルゼンチンでも愛される「牛肉の炭火グリル」との相性は抜群です。

◎ペアリングのポイント
鮮やかな赤い色調とベリーの果実味の一体感は言うまでもありませんよね!

甘さの弱いドライイチゴの場合、どうしても物足りない味わいになりがちですが、マルベックのパワフルボディがしっかりと補う事で絶妙なマリアージュを発揮してくれます。

イチゴの粒々感もアクセントとなり、飽きのこない楽しいワインペアリングが完成します!

まとめ

いかがだったでしょうか?寒さのこたえるこの季節。身体に優しいおつまみと美味しいワインで元気に乗り切りたいですね!この記事が皆様のお役に立てれば幸いです

《関連記事》
ワインに合う!ドライトマトちょい足しアレンジ料理
さっぱり美味しい!フルーツサラダとワインのペアリング

Yuhei Shioya

JSA認定ソムリエ / フリーライター
横浜で30年以上の歴史を持つオーセンティックバーのマネジャーを経験。
ウイスキー、ワインをはじめとした酒類全般、ペアリングの分野で幅広い見識を持つ。現在はこれまでの経歴を活かしフリーライターとして、酒類やペアリング、翻訳業など、執筆を生業として活動している。
Yuhei Shioyaの記事一覧 

新着口コミ

もっと見る

ワインペアリングを楽しめるお店、レストランを探す

都道府県から探す