ペアリングワイン

ボーノ!イタリアンピッツァと合うワイン

イタリアの国民食ピッツァ!

本場イタリアのピッツァは、パスタと並ぶ国民食として実に様々な種類があり、地域や文化によって特色豊かです。

イタリアへ旅行すると、高級レストランよりも街場で人気のピッツェリアへ行きたくなり、現地のワインとイタリアンピッツァを合わせて楽しむのが最高のご馳走です。

日本でも大人気のイタリアンピッツァ。今ではフードデリバリーが普及したことで本格的なイタリアンピッツァをお家で楽しむことができるのは嬉しい限り!

ピッツァとワインを並べてホームパーティーなんていかがでしょうか?ぜひワインと合わせて楽しんでみてくださいね!

ピッツァの歴史

古代ローマでは、パンをお皿代わりにする習慣があり、16世紀になると当時は毒があるとされていたトマトがスペインからナポリへ伝わります。

18世紀になると貧しい人たちが飢えをしのぐためにトマトをパンにのせて食べるようになり、それが発展して各地で特色あるピッツァが生まれたと言われています。

次に各地を代表するピッツァと合うワインを紹介しますね!

マルゲリータ

マルゲリータはナポリのピッツァの代表的な存在です。ナポリピッツァは生地が柔らかくてモチモチした食感でシンプルな具材で作られます。

マルゲリータの名前の由来は、王妃マルゲリータがナポリを訪れた際に、当時ナポリ最高のピッツァ職人と言われていたラファエレ・エスポジトが焼いたトマトソースにモッツァレラチーズとバジルをのせて焼いたピッツァをトマトソースの赤、モッツァレラチーズの白、バジルの緑とイタリアの国旗の色合いを王妃が気に入ったことから、このピザを「マルゲリータ」と名付けたと言われています。

マルゲリータに合うワインは、トマトの甘味と酸味、バジルの爽やかな風味、クリーミーなチーズにピッタリなロゼワインがおすすめです。

《トマトの甘みを数段アップさせるチャーミングなロゼ泡》

▶︎ヴィーノ・ロザート・フリッザンテ カンティーナ・ジャルディーノ

アリアニコを100%使用したロゼのフリッザンテは何ともチャーミングな香りと果実味に溢れ、マルゲリータのトマトの甘味と酸味を見事引き立て爽やかさがマッチし、微発泡のクリーミーな質感など全ての要素が見事マッチします。

小さな赤い果実で溢れたバスケットを想わせるチャーミングな香り、爽やかなブラッドオレンジ、フローラルでほんのりとスパイスのニュアンスも感じられ、チャーミングでジューシーな果実味にフレッシュな酸、ミネラル豊かで旨味エキスが細やかな泡立ちとともに口内にしなやかに広がります。

アリアニコはカンパーニャ州を代表する赤ワインタウラージなどに使用されるブドウ品種で、力強いタンニンと濃厚な味わいで長期熟成に向いているワインをつくり出す品種です。

このロザート・フリッザンテは、チャーミングな魅力に溢れタンニンはそんなに強くありませんが、濃厚な味わいや旨味がアリアニコらしさを感じさせます。

* 原産国:イタリア
* 産地:カンパーニャ州
* 品種:アリアニコ
* 生産者:カンティーナ・ジャルディーノ
* 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
* 容量:750ml

カンティーナ・ジャルディーノ(通称カンジャル)は、タウラージが抱える問題を解決すべく仲間6人によって設立されたカンティーナ。

タウラージのブドウ生産者は自分でワインを造らず大手に売って生計を立てる方が多く、多くの収量を得るために高樹齢のブドウ樹を抜いて植え替えてしまいます。

収量は少なくとも素晴らしい実を実らせる高樹齢のブドウ樹を守るため、タウラージの伝統的な高品質のワインを守るため、買い付けたブドウからのワイン造りや生産者たちにワイン造りのノウハウを教える素晴らしい活動を行っています。

カンジャルはイタリアワインの中でも、手の届く価格で高品質のイチオシの生産者!ぜひお試しくださいね!

クアトロフォルマッジ

クアトロフォルマッジは、ローマを代表とするピッツァです。ローマは昔から富裕層が多く暮らすエリア。なので具材もちょっとリッチです。

豪華な具材がたっぷりとのって、ピッツァの生地は薄くパリパリした食感になるよう長時間かけて焼き上げられるのが特徴です。

4種類のチーズという名の通り、種類に特に決まりはありませんが、ゴルゴンゾーラ、モッツァレラ、パルミジャーノ、タレッジョなどのチーズを用います。

このクアトロフォルマッジに合わせるワインは、リッチな風味でまったりとクリーミーな質感の白ワインや、クリスピーな食感の生地に合わせて樽熟成のスパークリングワインなどがおすすめです。

《とろける質感がマッチ!程よい酸味が味わいのアクセントに!》

▶︎ドンナルーチェ ポッジョ・レ・ヴォルピ

クアトロフォルマッジの濃厚なチーズの風味に寄り添うのが、カルボナーラにも抜群の相性の良さを誇るマルヴァジアのリッチな白ワインです。

主要品種のマルヴァジア・デル・ラッツィオは、ラツィオ州の伝統品種。同郷のペアリングとしてバッチリの組み合わせです。

アプリコットや白桃のコンポートの芳しい香り、白い花やアーモンド、蜂蜜、ヴァニラの香りも相まってアロマティックでついついうっとりしてしまいます。

粘性が高くトロッとした質感で、厚みのある果実味、味わいを引き締めるように広がるエレガントな酸が長い余韻へと繋がります。

クアトロフォルマッジに蜂蜜を添えると、ワインに含まれる蜂蜜の香りと同調し、より風味豊かに楽しむ事ができるのでおすすめです。

* 原産国:イタリア
* 産地:ラツィオ州
* 品種:マルヴァジア・デル・ラツィオ60%、グレコ30%、シャルドネ10%
* 生産者:ボッジョ・レ・ヴォルピ
* 味わい:甘口☆☆☆★☆辛口
* 容量:750ml

ポッジョ・レ・ヴォルピは、高品質&リーズナブルな価格帯で人気を誇る生産者。所有するローマ郊外の畑では大自然が残り、理想的な環境の中でブドウ栽培が行われています。

現在は、エノロジストのリッカルド・コッタレラの助言を得ながら、最新の設備を導入し圧倒的なコストパフォーマンスを誇るワインを生み出しています。

いかがでしたでしょうか?今回はほんの一部の紹介となりましたが、イタリアンピッツァは種類豊富なので、ぜひ色々なピッツァとのペアリングを見つけてこちらでシェアして楽しみましょう!

《関連記事》
自宅で本格的に!宅配ピザとワインのペアリング
NY流!ピザとワインのペアリング

Haruka Kageyama

JSA Sommelier
The Ritz Carlton Tokyo Azure45や、阿部誠氏が率いる「東京ぶどう酒店」、「サロン・ド・シャンパーニュ ヴィオニス」、フランスのシャンパーニュ地方ランス「Domaine les Crayéres」にて10年以上サーヴィス、ソムリエールとして働く。
現在様々な形でワインを広めるべく雑誌やウェブメディアにて執筆中。 Haruka Kageyamaの記事一覧 

新着口コミ

もっと見る

ワインペアリングを楽しめるお店、レストランを探す

都道府県から探す