ペアリングワイン

スッキリ爽やか!白ワインと夏野菜料理のペアリング

梅雨の時期が近づいてきて、ジメジメする日が増えてきましたね。そんな日に、スッキリとした辛口の白ワインを飲みたいと思っている方も多いことでしょう!私もそのうちの一人です。

今回は、夏野菜料理に合う「スッキリタイプの白ワイン」のペアリングを紹介します。家庭で簡単に作れる料理のレシピにも注目です。

どれが夏野菜?具体的な効能は?

夏野菜は食べる部分によって、主に3種類に分けることができます。

野菜は旬のものを食べるといいと聞きますが、夏野菜には、どのような効果があるのでしょうか。

夏野菜は水分やカリウムを豊富に含んでいるので、夏バテや熱中症の予防、紫外線から肌を守ってくれる効果があります。

また、夏野菜の良い所は、生でそのまま食べられるものが多いところですね。栄養素を手軽に補給できるのが夏野菜の魅力です。

枝豆とトウモロコシのフリッターにおすすめの白ワイン

それでは、夏野菜の効果を知ったところで、栄養満点でワインに合わせたくなる、夏野菜レシピ2つと料理に合う白ワインを紹介します。

カンタンに作れるので、ぜひ作ってみてくださいね。

【枝豆とトウモロコシのフリッター】

▼材料(4人分)
・枝豆…100g
・とうもろこし…100g
・卵黄…1個分
・小麦粉…1/2カップ
・水…1/4カップ
・卵白…1個分
・揚げ油…適量

▼たれ
・長ネギ…大さじ1/2(みじん切り)
・ライム汁…大さじ1
・ナンプラー…大さじ1
・水…小さじ1
・砂糖…小さじ2

▼作り方
①卵黄、小麦粉、水をよく混ぜ合わせ、かたく立てたメレンゲを泡をつぶさないようふんわり混ぜ、衣をつくる。枝豆とトウモロコシを入れたボウルに衣を加え、さっくり混ぜ合わせる。

②熱した油に①をスプーンでそっと入れ、衣が膨らむまで揚げる。

③タレを混ぜ合わせて添える。

夏野菜を使った「枝豆とトウモロコシのフリッター」に合わせるおすすめの白ワインは、イタリアの「ボッラソアーヴェクラシコ」。ブドウ品種はガルガーネガ主体です。

「ソアーヴェ」を世界に広めたと言われるボッラ社の逸品として人気の高い白ワインです。

▶︎ボッラソアーヴェクラシコ

フルーティで少し華やかさもありながら、スッキリした辛口の白ワインです。枝豆とトウモロコシのもつ野菜の甘みにワインのフルーティさがよく合います。アツアツのフリッターとしっかり冷やしたボッラソアーヴェが、夏の初めの1杯におすすめです。

* 原産国:イタリア
* 産地:ヴェネト
* 品種:ガルガーネガ
* 度数:12%
* 飲み口:スッキリ、華やか、辛口

夏野菜と鶏もも肉のソテーにおすすめの白ワイン

2つめのレシピは、夏野菜と鶏肉をコンソメとオリーブオイルでソテーするこちらの料理です。

【夏野菜と鶏もも肉のソテー】

▼材料(2人分)
・鶏もも肉…1枚(250g)
・ズッキーニ…2本
・ミニトマト…6個
・パプリカ(黄)…1/2個
・にんにくのみじん切り…1/2かけ分(4g)
・「味の素KKコンソメ」顆粒タイプ…小さじ2
・「AJINOMOTO オリーブオイル」…小さじ2
・パセリのみじん切り…少々

▼作り方
① 鶏肉はひと口大に切り、ビニール袋に入れ、「コンソメ」小さじ1を加えて、袋の上からもみ込む。

② ズッキーニは1cm幅の輪切りにし、パプリカは1cm幅に切る。

③ フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて火にかけ、香りが出たら、①の鶏肉を皮目を下にして入れ、弱めの中火で焼き色がつき、皮がパリッとするまで焼いて裏返す。

④ ②のズッキーニ・パプリカ、ミニトマトを加え、「コンソメ」小さじ1をふり、フタをして蒸し焼きにする。全体に火が通ったら、パセリを散らす。

「夏野菜と鶏もも肉のソテー」に合わせるおすすめの白ワインは、「ザ・ロッジ・ヒル・リースリング」です。

ブドウ品種は、リースリング主体で南オーストラリアで作られるドライな辛口白ワインです。

オーストラリアワインで有名な造り手「ジム・バリー」が作る、高評価でコストパフォーマンスに優れたワインです。

▶︎ザ・ロッジ・ヒル・リースリング

淡白な鶏肉料理にも合わせやすい、キリっとした辛口タイプのワインです。レモンやライムを感じる酸味とのバランスが良く、長く余韻を楽しむことができるのも特徴です。

リースリングは甘口のイメージを持っている方も多いと思います。今回は夏野菜と鶏肉のシンプルなソテーに、キリッとした辛口のリースリングをチョイスしてみました。程よい酸味が、鶏肉の旨味に合わさっておいしく楽しめます。

* 原産国:南オーストラリア
* 産地:クレア・ヴァレー
* 品種;リースリング
* 度数:12%
* 飲み口:辛口、酸味のバランスが良い

梅雨のジメジメを吹き飛ばす、爽やかな白ワインでカンパーイ!

この記事では、夏野菜のもつ効果や夏野菜を使ったレシピを紹介しました。合わせる料理によってワインの楽しみ方が変化していくのが、ワインと料理のペアリングにおいて魅力的な点だと思っています。

夏野菜料理と白ワインの色々なペアリングを試してみてくださいね。スッキリした辛口ワインで、梅雨のジメジメ感を吹き飛ばすようなペアリングを一緒に楽しみましょう!

《関連記事》
旬の春野菜を使ったお料理と楽しむワイン
意外と知らない?野菜に合うイタリアワイン
ワインに合う「夏野菜」のお料理レシピ
夏の太陽!トマト料理に合うワイン5選
野菜料理とワインのペアリングで体の内側からキレイに!

白濱 由佳

J.S.A.認定ソムリエ / webライター

シティーホテル、リゾートホテルで約10年間勤務していました。
お客様の好みや召し上がる食事に合わせてワインを選ぶことが得意です。
趣味は料理と食事、作るのも食べるのも両方好き!
キッチンでワインを片手に料理することもしばしば…。
友人を呼んでおうちバルを開いたり、お酒の勉強会をしたり。
現在はWebライターとして勤務しながら、週末にワインを楽しんでいます。 白濱 由佳の記事一覧 

新着口コミ

もっと見る

ワインペアリングを楽しめるお店、レストランを探す

都道府県から探す