肉 赤ワイン イタリア
2018年01月11日 16:44

ジビエの旨みを包むトスカーナのワイン

牝鹿肉のロースト
×
カステッロ ディ ボルゲリ スーペリオーレ 2011

このワインは、イタリアワインでありながら、ボルドー系の品種の組み合わせで作った力強いワインです。味わいとしては、凝縮した赤い果実やブルーベリーの甘い香りと、胡椒やパプリカのピリッとした印象が特徴的です。鹿肉は、若い牝の肉で、丁寧に処理をされていれば臭みはほとんどありませんが、ローストするにあたって塩コショウを振ります。塩が溶け込んだ肉の旨みを、ワインの力強いタンニンが包み込み、口の中でとろけます。また、ミディアムレアな肉の中心部から溢れる甘みと、ワインの持つ果実味の調和が取れており、すべてを飲み込んだあとに爽やかな印象が残ります。

3